国内外で活躍する日本人サッカー選手

日本代表に選ばれた経験のあるサッカー選手の中には、欧米をはじめとする歴史あるチームで活躍をしている人も少なくありません。
中でも、イングランドやイタリアなどの一流のチームに属する日本人選手については、スタメンに起用されたり、試合中に得点を挙げたりした際にスポーツニュースや新聞などで度々取り上げられることがあります。

サッカー

海外でのプレーを経験した日本代表選手の攻撃力や守備力などが向上していることもあり、世界中のサッカーチームのスカウトマンの間でポテンシャルの高い選手を獲得しようとする動きが見られています。また、新興国の代表チームにおいては、チームの統率力や組織力を高める目的で、海外経験が豊富な元日本代表の選手を監督やコーチとして起用するところも増えています。

一般的に、日本人のサッカー選手の多くは、個人差があるものの30代後半以降に指導者や裏方のスタッフに転身するケースが目立ちますが、タイミングよく海外のチームに移籍をすることで、長く現役生活を続けられることもあります。

一方、経済力のある日本国内でJリーグのチームを運営する企業の中には、欧米諸国の代表選手を数億円の年俸で迎え入れるところもあり、各国のサッカー界における選手の人材交流が活発になっています。

その他、若年層のサッカーファンの間では、オリンピックやワールドカップなどの大舞台だけでなく、親善試合や企業の協賛による試合にも注目が集まっています。

MenuNavi