歴代ベストイレブンのプレー

ロシアで開催されるワールドカップを翌年に控え、サッカーの人気も高まっています。アジア地域はサッカーの人気が出てくるのが遅く、国際的な大会で結果を残すチームがこれまでほとんどありませんでしたが、2002年ワールドカップにおいては、自国開催ではあるもののベスト4まで進出し、アジアの国々に希望を与えました。アジアの歴代ベストイレブンについても、2002年日韓ワールドカップ当時の日本と韓国のチームにいたサッカー選手から多く選ぶ人が多いと考えられます。

日本代表では、中田英寿のファンタジスタらしいプレーに魅了された人も多いのではないでしょうか。また当時の韓国チームには、後にマンチェスターユナイテッドに所属するパクチソンもおり、当時のチームのサッカー選手は、やはりアジア地域の記憶にも記録にも残る選手が多かったといえます。その後日本人では、中村俊輔や本田圭祐、香川真司といった選手が欧州の舞台で活躍するようになり、韓国人では、現在ソンフンミン選手がプレミアリーグで活躍するようになっています。

またオーストラリアのケーヒル選手も、2006年に日本と対戦したワールドカップで印象的なプレーを見せ、その後欧州で活躍するようにもなりました。これらの選手は間違いなく歴代ベストイレブンに入ると考えられます。

スマホ サッカー

サッカー

MenuNavi