アジア屈指 日本人サッカー選手中田英寿

サッカー選手のアジア歴代ナンバーワンプレイヤーと言えば中田英寿は確実に候補に挙がる選手です。アジア歴代ベストイレブンを作るとしたら確実に選ばれるでしょう。相手ディフェンダーに体をぶつけられてもびくともしない強靭なフィジカルと先を読むセンス、鋭いパス、シュート等どれをとっても世界レベルの選手です。

年代別の日本代表に選ばれるなど早くから注目され、高校卒業時には当時のJリーグ12チーム中11チームにスカウトされたという程期待されたサッカー選手でした。プロ入り後すぐに頭角を現し、日本代表としても23歳以下代表としてオリンピック出場に貢献しました。その後20歳の若さでA代表に選ばれるとすぐに代表の中心選手になる活躍を見せ、日本に初めてのワールドカップ出場をもたらしました。そこから3大会に渡り代表の中心選手として日本を牽引しました。

クラブでは当時世界で最もレベルが高いと言われたイタリアセリエAのチームに移籍し、5つのチームを渡り歩きながら世界のトップ選手と対等のプレイを見せました。ローマ在籍時には中々出場機会に恵まれない中でも活躍し、日本人初のセリエA優勝を経験しています。重要な試合でこそ実力を発揮し、長く日本の中心選手として活躍した中田英寿はアジアナンバーワンプレイヤーにふさわしい選手です。

MenuNavi