アジア サッカー 歴代ベストイレブン サッカー日本代表

サッカーフィールド

アジアのサッカー選手で歴代ベストイレブンを作るとしたらイランやサウジアラビア、韓国の選手が多く占めるかもしれませんが、日本人選手十分そこに選ばれる可能性があります。

ディフェンダーでは奥寺康彦選手。東洋のコンピューターと呼ばれ、日本にプロが無かった時代にドイツに渡ってプロサッカー選手として活躍した日本人プロ第一号です。同じく井原正巳選手。冷静でクリーンな守備で相手の攻撃を封じるアジアの壁と呼ばれた日本を代表する選手です。

中盤では木村和司選手。ドリブルテクニックや芸術的なフリーキックで多くのゴールを生み出しました。ブラジルから帰化したラモス瑠偉選手は高いテクニックで中盤を支配し、多くのゴールを演出し日本代表の中心選手として活躍しました。

フォワードからは釜本邦茂選手。サッカー日本代表として多くのゴールを生み、オリンピック銅メダル獲得に貢献しました。三浦知良選手はブラジルに渡ってプロになった挑戦的な選手で、帰国後は長くサッカー日本代表のエースとして活躍しました。

ゴールキーパーからは川口能活選手。調子の良い時は神がかり的なセーブをする選手で、28年ぶりのオリンピック出場、ワールドカップ出場といった重要な試合でゴールを守りました。同じく楢崎正剛選手。川口能活選手とは年齢も1歳違いでライバル関係にありました。高い安定感を持ち2002年のワールドカップで日本初のグループリーグ突破に貢献しました。

MenuNavi