Jリーグと世界を比較 まだまだ差がある

サッカー比較

サッカーはあらゆるスポーツの中でも世界的にもっとも競技人口の多いスポーツです。日本ではサッカーを知らない人はいないといわれるほど有名ですが、意外にヨーロッパサッカーについては知られていません。世界と日本のJリーグを比較するとその差は明らかです。

野球の場合は世界の最高峰はアメリカのメジャーリーグですが、サッカーの最高峰はヨーロッパサッカー、特にUEFAチャンピオンズリーグです。UEFAチャンピオンリーグはヨーロッパの各国リーグの上位チームのみが出場することができる大会のことで、トッププレイヤーの世界最高レベルのテクニックとプレーを存分に味わうことができます。これは日本のJリーグではなかなか味わえない魅力です。

たとえば、ショートパスのスピード、ボールコントロール、トラップの技術は見ていてほれぼれしてしまうほどです。それから、日本のJリーグではほとんど成功しないロングキックの精度の高さも非常に上手いです。だからこそヨーロッパサッカーでは攻撃の選択肢が多くて、サッカーを知らない人が見ていてもハラハラドキドキします。

それから、フィジカル面においても日本人と世界では大きな壁があります。具体的にはパワー、スタミナ、スピードといった身体的能力は小柄な選手が多い日本人のJリーグにはないものです。俊敏性は日本人の方が優れています。サッカーを語る上ではJリーグだけでなく世界のトップ選手も欠かすことのできない存在なのです。

MenuNavi