ヨーロッパサッカー 試合の傾向と実力

サッカーボール

地域によってサッカースタイルは大きく異なります。ヨーロッパでは、テクニックやスピード、そしてフィジカルに優れた選手たちが非常に多く見られます。

メッシやアザール、コーチーニョのように相手DFが密集している中でもボールをうまくコントロールして最短距離でゴールに向かうテクニカルな選手は、世界中で圧倒的な人気を集めているのです。

またバルセロナの黄金期から、パスサッカーを重要視していますので、華麗なチームワークでボールを細かくつないでゴールを導いています。

さらに、ヨーロッパでは、ボディコンタクトに厳しいレフェリーが比較的多いため、試合をする上では十分な注意が必要となっています。ボール奪取する時にはうまく体をかわしながら行うと、ファールを取られることなくスムーズに試合を進められます。

ヨーロッパ各地のサッカーリーグでは、高度なスキルを身につけた選手たちが勝利を勝ち取るために全力で戦っています。そのひたむきな姿勢には多くのサポーターが感動し、心からの応援を続けているのです。

このように、ヨーロッパでは、試合の流れを的確に読みながら冷静な判断で効果的な攻撃や守備ができるよう選手自身が判断しながらゲームを支配しています。

その実力は非常に高く、さまざまな国際大会で優勝を飾っているほどなのです。

アジア出身の選手では、スパーズのFWソンフンミン選手やドルトムントの香川選手、レスターの岡崎選手などがヨーロッパで活躍をしています。

MenuNavi