2017年 アジア人サッカー選手歴代ベストイレブン

サッカー戦略

2017年現在多くのアジア人サッカー選手が欧州リーグでプレイしています。出場機会に恵まれない選手もいますが、主力として活躍する選手も多くいます。その中でアジア人での歴代ベストイレブンを決めるとしたら、まずはGKアリ・アル・ハブシ。オマーン人として初めて欧州リーグでプレイするサッカー選手です。

DFは日本から長友佑都。イタリアの名門インテルで長年レギュラーとして活躍する日本代表にとっても欠かせない左サイドバックです。吉田麻也はレベルの高いイングランドプレミアリーグで活躍する、日本代表でも不動のセンターバックです。酒井宏樹はフランスの強豪マルセイユで活躍する日本に欠かせない存在のサイドバックです。

中国のチャン・リンペンは成長著しい中国スーパーリーグの強豪広州恒大で6連覇に貢献する選手です。

MFでは韓国のキ・ソンヨン。プレミアリーグで活躍する高いフィジカルを生かしたプレイをする選手。同じく韓国のソン・フンミンもプレミアリーグで多くのゴールを獲得する活躍を見せる選手です。

日本からは長谷部誠。守備的MFとしてクラブでも代表でも貢献しています。香川真司もドイツリーグでの優勝に貢献する活躍をみせています。

FWでは岡崎慎司。プレミアリーグでの弱小チームであるレスター優勝に貢献する活躍をみせました。FWながら守備にも貢献する選手です。

MenuNavi