アジア選手歴代ベストイレブンMF

アジアのサッカー選手で歴代ベストイレブンを選ぶなら、欧州リーグ等での実績、ワールドカップでの実績で選ぶことになります。MFの中で選ぶとしたらまずは韓国人のパク・チソン。豊富な運動量で縦横無尽にフィールドを動きチームに貢献します。何と言ってもアジア人で初となるチャンピオンズリーグ優勝という輝かしい実績を持っています。代表でも活躍し韓国のグループリーグ突破に貢献しました。

日本人では中田英寿が外せません。当時世界最高レベルと言われたイタリアリーグでトップクラスの選手と共にプレイしたアジア人選手です。オリンピックやワールドカップ予選等日本が世界で戦うための扉を開いた選手として大きな実績を残してました。

中村俊輔は世界屈指のフリーキック技術を持っており、イタリアやスコットランドの強豪チームで活躍し多くのゴールを生む活躍をみせています。小野伸二も海外リーグで活躍したサッカー選手で、左右同じように使える高いテクニックを持ち多くのゴールやチャンスを生み出しています。

長谷部誠も海外で長く活躍する選手で日本代表のキャプテンとしてチームをまとめています。守備的MFというポジションなので目立ちにくいですが彼の存在はチームに安定感をもたらす選手です。

サッカー

日本人サッカー選手はMFが多い

サッカーボール

アジア年間最優秀選手に選出されるサッカー選手のポジションの多くはフォワードですが、過去に選出された日本人選手のうちフォワードの選手は三浦知良だけです。日本からは過去に三浦知良や井原正巳のほか、中田英寿と小野伸二、遠藤保仁の5人が選出されており、ポジションの内訳はフォワードが1人、ミッドフィルダーが3人、ディフェンダーが1人となっています。

日本代表チームには良質な中盤の選手が揃う反面、決定力不足が取り沙汰されることが多いため、日本のサッカー選手の特徴が如実に結果として表れています。毎年発表されるJリーグの歴代ベストイレブンの選手に目を向ければ、フォワードの選手には外国籍の選手が多く、国産のストライカーがなかなか育たないという問題点も浮き彫りになります。能力の高い選手は海外のクラブチームへと移籍してしまうため、実際には海外移籍が活発になったことによって引き起こされたJリーグの空洞化こそが、日本のサッカー界が抱えている本質的な問題とも言えます。

ただし近年はかつてと違い海外移籍したフォワードの選手が移籍先でも活躍することが多く、日本代表でその成長を還元するという好循環も生まれつつあるため、今後はアジア年間最優秀選手に選出される日本人フォワード選手が増える可能性があります。

アジアを代表するサッカー男子日本代表が弱い理由

アジアのサッカーを代表する日本代表ですが、その1番の弱い部分はメンタルだとよく聞きます。これはサッカーに限らないところもあるかと思われますが、メンタルの弱さは環境からくる部分があると考えられます。

Jリーグ、代表戦でも多く見られるのが内容も結果も伴わない試合でも関わらず拍手をしてくれる環境は日本には多く存在していると考えられます。

これはクラブ、代表の試合を見にくる人がサポーターの数よりもお客さんの方が多いと考えられます。

その違いは選手と一緒に戦えているかの違いです。

まるでコンサートや演劇のショーを見にくる感覚であり、結果に関わらず試合を見してくれたという称賛やマナーを大切にする日本人の良さでもありますが、この部分が共に戦うサポーターとお客さんの違いです。

サポーターは選手を応援し支えていることから勝ってほしい気持ちや結果にこだわることが多い為、結果が伴わない場合は選手に対し厳しいブーイングをあびせます。

しかし、そのブーイングこそが選手のメンタルを刺激しより強くすると考えられます。

絶対に負けられない環境を作ることこそが、弱い日本代表を強くし、アジアが誇るチームへと変わるはずです。

見にくるお客さんから戦うお客さんに変化することが、今後の日本代表のサッカーを面白くしてくれると考えられ、心を熱くしてくれるプレーをする選手がでてくることを期待したいです。

ブックメーカーでサッカーに賭けてみる

サッカー用具

ブックメーカーはサッカーの勝敗予想をするゲームです。賭け事で、ヨーロッパなどでは多くのサッカーファンに楽しまれています。

感覚で予想をするのでは、なかなか勝率があがりません。ですからブックメーカーを本格的にやっている人は、勝率をアップさせるために、対戦前の情報収集や過去の対戦、データ分析など、ありとあらゆる角度から研究しています。

チームスポーツであるサッカーでは、最低限でも選手の調子やチームの状態くらいは把握しておかなければいけません。強豪クラブであっても、状態が悪ければ格下に負ける可能性もあるからです。

また、客観的な判断をするためにも、他の意見を参考にすることも重要です。

サッカーのブックメーカーに関するサイトは多くありますので、試合の予想を参考にしてみましょう。しかし、最終的な判断は、自分でしなければいけまえんので、これらはあくまでも参考として、自分なりに最良の選択を収集した情報から判断することが勝率の上昇につながるでしょう。

MenuNavi